レディたち

日常生活で見られる不調は尿失禁かも知れない

しっかりと検査を

男女

近年では、様々な生活習慣病が蔓延しています。そのため、健康診断を積極的に受診する方も増えてきているのです。梅毒に関しても適切な検査方法が設けられていますので、しっかり受診したいところですね。

More...

梅毒血清反応

医師と患者

梅毒の疑いがある場合には、検査を受ける必要があります。その際に受けることになる検査は梅毒血清反応というものです。その検査は、埼玉や全国の泌尿器科で行なわれています。

More...

泌尿器科の検査

診察室

尿に関する検査は、新宿や全国の様々な泌尿器科で行なわれています。尿に関する症状の疑いがあれば泌尿器科の診察を受けるようにしましょう。ここで代表的な尿に関する診察を見ていきます。

More...

尿失禁の検査

看護婦

尿失禁が発症すると、自分の意志と関係なく尿が漏れてしまったりします。自分の意志と関係なく尿が出てしまっては、日常生活に大きな支障をきたします。特に職場や友人との会合など、多数の人間がひとつの場所に集まるような状況で非常に不便です。この症状を恥ずかしいと思わずに、泌尿器科で診察を受けることが大切です。適切な治療法があるのです。
尿失禁と一言で表しても、実は、それに対してはいくつかの分類があります。その概要をお伝えします。まず腹圧性尿失禁です。これはふとした時に尿が漏れてしまう症状です。お腹に力が入ったときにこの症状が起こるのです。次に挙げられるのは、切迫性尿失禁です。尿意が急にやってきて、我慢ができずに漏らしてしまう症状です。この症状は脳からの指令が上手くいっていない時に起きてしまうのです。
次に挙げられるのは、溢流性尿失禁です。これは、自分では尿を出したいのに出せず、その一方で尿が少しずつ出てしまう症状です。排尿障害が原因で起こる症状です。最後にお伝えするのが、機能性尿失禁です。これは身体運動機能が低下したり認知症が原因で起こる症状です。歩行機能に障害があるためトイレまで間に合わなかったりするような症状です。この症状は、排尿機能自体は正常の場合があります。
これらの尿失禁が認められた場合は診察を受けます。主に用いられるのは日誌をつけるという検査です。その資料により、排尿状態が医師に伝わるようになります。尿失禁を治療する際には、筋肉を強くすることや、手術を用いることによって改善します。お近くのクリニックへ問い合わせてみましょう。