梅毒血清反応|日常生活で見られる不調は尿失禁かも知れない
女医

日常生活で見られる不調は尿失禁かも知れない

梅毒血清反応

医師と患者

梅毒の疑いがある状況になってしまったら、気分は落ち着かないことでしょう。一刻も早く解消したいと思うところではないでしょうか。その際には埼玉や全国の泌尿器科や婦人科で検査を受けることになります。その代表的なものである梅毒血清反応についてお伝えします。
埼玉や全国の泌尿器科で実施される梅毒血清反応では、採血による検査を用いることになります。その方法は、大きくふたつの種類に分類されます。まずひとつ目の方法として、カルジオリピンという物質を用いて血清中の抗体との反応を調査する方法です。カルジオリピンとは牛から採取される脂質であり、これが梅毒の抗原とされています。これには様々な方法があり、総称してSTSと呼ばれています。ふたつ目の方法として、梅毒の病原体自体に血清を加える手法であるTPという検査方法です。
このふたつには検査時間に差があります。STSの方が早く、およそ4週間で結果が判明します。そういった状況から、埼玉や全国の泌尿器科で梅毒の検査をする際にはSTSを用いることが多いです。なお、このSTSにて陽性の反応がでるのは梅毒に限りません。肝臓病や妊娠の場合でも陽性反応が出ます。そうした場合にはさらに検査を進める必要があるのです。すべての検査で結果が出てはじめて梅毒だと分かるのです。
もしも異常があった場合は、抗生物質を埼玉や全国の泌尿器科にて投与します。この期間は長期に渡ります。大事なのは、完治するまでしっかり通院することです。また、早期に治療を行なうことで症状は治まりやすくなるので、パートナー同士で診察を受けておくようにすると良いでしょう。