泌尿器科の検査|日常生活で見られる不調は尿失禁かも知れない
女医

日常生活で見られる不調は尿失禁かも知れない

泌尿器科の検査

診察室

尿に関する検査項目のうち代表的なものとして尿素窒素というものがあります。尿素窒素を検査することで、腎機能が正常かどうか判定する材料になるのです。では、尿素窒素とはどういった成分なのでしょう。
尿素窒素とは、二酸化炭素と結合してできるもので、アンモニアを無害化する機能があります。たんぱく質を除いた血清成分の3割から4割程度を占めています。この尿素窒素は腎臓から尿に排出されます。しかし、腎臓に障害がある場合は血液に尿素窒素が残ることになります。こういった機能から、腎機能が正常に機能しているかどうか、判断することができるのです。尿素窒素が多ければ腎臓に何らかの異常があることになります。尿素窒素の検査は血液採取により行なわれます。採取した血液を、分析器を用いて測定します。この検査により、腎不全などの疑いを検知することができます。この検査は、新宿や全国の泌尿器科で行なうことができます。
異常が認められた場合には、別の要素に着目し再検査を行ないます。結果値が異常である場合に疑いのある病気として、腎不全以外には糖尿病や閉塞性尿路疾患などがあります。不安がある場合には、新宿や全国の泌尿器科にて診察を受けるようにしましょう。
ここで取り上げた検査は尿素窒素に関するものですが、新宿や全国の泌尿器科では、他にも様々な要素から病気の疑いを洗い出します。日常生活の中で尿に関する不調が感じられる場合には、新宿や全国の泌尿器科で診察を受けてみてはいかがでしょう。早めの診察が早期発見に繋がることでしょう。